その他メニュー
研究所案内
アクセス数(最初からの数ではありません)

  2012.10.22 より  1552
トップ  >  講座・学習会・研究会等  >  定例研究会  >  定例研究会「多摩ニュータウンを歩く」 2018.5.19
投稿日 2018年04月27日
  ●定例研究会
    「多摩ニュータウンを歩く」



日 時:5月19日(土)午前10時半~午後3時

集 合:京王多摩センター駅中央改札口 10時半

主 催:NPO法人 日野・市民自治研究所

     日野市日野本町3-13-16 ☎FAX:042-589-2106


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


     多摩ニュータウン見学会
         30万人の計画的都市


 多摩ニュウータウンは、最も計画的に開発された住宅地です。開発のために
1962年に新住宅地市街地開発法(新住法)を制定して、1965年に多摩ニュー
タウン計画が都市計画決定され、開発が始まりました(現在も未完)。約3000
ヘクタール(日野の約2800ヘクタールに匹敵し稲城市、多摩市、町田市、八王
子市の行政区域にまたがる)に約30万人が住む計画でした。ニュータウン全体
を21住区に分け、1住区は2小学校、1中学校で構成された約3000~5000戸、
人口約12000人が住むコミュニティ計画、地形を利用し幹線道路と住区を分離
し住区内を歩道と車道とに分ける歩車分離計画等に基づく共同住宅地が特徴
です。現在のUR(都市再生機構、前身は日本住宅公団)の住宅地設計の変遷
を辿ってみます。

見学コース
●  午前 永山駅周辺  
 永山駅 → 永山団地 → テラスハウス諏訪 → 諏訪団地改築住宅1階
 レストランで昼食 → 永山駅
●  午後 多摩センター駅周辺 
 多摩センター駅 → 多摩中央公園 → プロムナード多摩中央 → 
 多摩タウンハウス落合 → タウンハウス鶴巻 → 多摩センター駅解散


注 ① 午前、午後とも歩行時間はそれぞれ1時間程度です。歩きやすいシューズ、
    服装でお願いします。
  ② 昼食代850円(和食+サラダビュッフェ)をご予定ください。ただし、
    当日の参加人数によっては、計画変更もありますので、ご了解ください。






プリンタ用画面