その他メニュー
研究所案内
アクセス数(最初からの数ではありません)

  2012.10.22 より  1271
トップ  >  講座・学習会・研究会等  >  定例研究会  >  定例研究会「激動する朝鮮半島と東アジアの情勢について」 2018.11.24
投稿日 2018年10月31日
●定例研究会
 激動する朝鮮半島と東アジアの情勢について


日 時:11月24日(土)午後2時~4時
講 師:武貞秀士(拓殖大学大学院国際協力学研究科特任教授)
場 所:生活・保健センター講座室(2階)
参加費:500円


 今回、講師をお願いする武貞秀士氏は、テレビのコメンテーター
としても登場する朝鮮半島問題の専門家です。「いまこそ、我々は
日朝国交正常化を目指して北朝鮮との対話に踏み切り、主体的な
外交を展開することによって自らの安全を確保するときではない
でしょうか」という氏の一貫した主張は、朝鮮半島をめぐる対決
から対話への歴史的転換の中で改めて注目を集めています。






プリンタ用画面