その他メニュー
研究所案内
アクセス数(最初からの数ではありません)

  2012.10.22 より  19575
トップ  >  講座・学習会・研究会等  >  定例研究会  >  定例研究会「世界が食べられなくなる日」上映 2020.7.25
投稿日 2020年07月02日
NPO法人 日野・市民自治研究所 定例研究会
「世界が食べられなくなる日」上映

日 時:7月25日(土)午後2時~4時半
会 場:ゆのした市民交流センター

    (日野市日野本町3-13-16 JR中央線・日野駅徒歩約4分または京王線・
     高幡不動駅からバス日野駅行き乗車「日野一小入口」下車徒歩約1分)
参加費:無料(カンパ大歓迎)

2012年 フランス映画 118分 
監督 ジャン=ポール・ジョー

  (『未来の食卓』 『セヴァンの地球のなおし方』監督)

遺伝子組換え食品の安全基準は、2009年にフランスで行われた
ラットの長期実験の結果をもとにしています。映画ではこの
実験にカメラが密着。また原発のある風景が同時に描かれ、
世界第2位の原発保有国フランスと福島第一原発事故後の日本
の農家が受けた影響をカメラが追います。他方、安全な世界を
残すため、アグロエコロジーという持続可能な農業システムが
紹介されます(公式サイト参照)。スーパーに並ぶ加工食品の
80%に遺伝子組換え作物が混在しているといわれる現在、
この映画を観て私たちの未来について考えてみませんか。


※新型コロナ対策のため、入場人数を1/3程度に制限しています。
 参加ご希望の方は、事務局までメールでご連絡ください。




プリンタ用画面